スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱東京UFJ銀行カードローンの月々の返済額

三菱東京UFJ銀行カードローンのよくある質問の中に、「月々の返済額はいくらか?」という質問が多くあります。三菱東京UFJ銀行カードローンの月々の返済額は、借入金額や金利15%以上・15%未満で金額が異なってきます。

・借入残高が、10万以下の場合、
金利15%未満は月2,000円・金利15%以上の場合は3,000円
・借入残高が、10万超20万以下の場合、
金利15%未満は月4,000円・金利15%以上の場合は6,000円
・借入残高が、20万超30万以下の場合、
金利15%未満は月6,000円・金利15%以上の場合は9,000円
・借入残高が、30万超40万以下の場合、
金利15%未満は月8,000円・金利15%以上の場合は12,000円
・借入残高が、40万超の場合、借入残高が10万円増すごとに金利15%未満は2,000円を追加・金利15%以上の場合は3,000円を追加となります。

上記の金額は、最少の返済額です。
返済は、利息・借入元本の順番に充当されていきます。

▼1000人が選んだ満足度NO.1カードローン
>>三菱東京UFJ銀行カードローン
スポンサーサイト

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査通過率をアップさせるコツ

三菱東京UFJ銀行カードローンを申込する前に、審査通過率をアップさせるコツを紹介します。
カードローンを申込する時に、最も気になるのが「審査が通過するか」・「審査可決するか」だと思います。
審査通過率をアップさせるコツと言っても、大げさな事ではなく当たり前の事です。
しかし、意外とこの当たり前の事が出来ていない人が多く、それが原因で審査に落ちる人を私は実際に多く見てきました。

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査通過率をアップさせるコツは、以下の2点です。

▼絶対に嘘をつかないこと

▼記入ミスに気を付けること

「嘘をつく」は審査に通りたいがために無意識のうちにしてしまいがちです。
特に、年収他社借入件数他社借入金額勤務先などは多くの人が正直に記入していない事が多いです。年収の多めに、借入件数を少なめに、借入金額も少なめに、勤務先を実際に働いていない部署で申込むなど。
そのような嘘をついても審査する側には必ず嘘がバレます。
嘘をついたことが審査する側にバレた時点で審査は落ちます。
現状を正直にありのまま記入して申込しましょう。

また、住所や電話番号、勤務先の電話番号の記入ミスも結構多いです。
申込時の記入には十分に気を付けて下さい。


三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は、年4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローンの金利は、年4.0%~14.0%
審査が甘くても、年利2ケタは金利が高いです。
それに比べて、住信SBIネット銀行カードローンは業界最低水準の低金利3.5%~10.0%

▼他社借換OKで人気断トツ!初めての利用なら最大2か月実質無利息!
>>住信SBIネット銀行 カードローンの公式サイト

1000人が選んだ顧客満足度No.1のカードローンは?

イーローン(SBIホールディングス株式会社運営)が、カードローンを利用したことのある人1000人に各金融機関のローンにおける満足度についてのアンケートを2012年1月16日に実施しました。

1000人が選んだ顧客満足度No.1カードローンは
「三菱東京UFJ銀行カードローン」になりました。

商品性では「三菱東京UFJ銀行」
審査/対応では「オリックス・クレジット」
利便性では「三菱東京UFJ銀行」が満足度の高い金融機関・カードローンとなりました。
(http://www.eloan.co.jp/trend/topic.php?num=2より)


■顧客満足度総合ランキング
1 三菱東京UFJ銀行 71.1
2 オリックス・クレジット 70.1
3 みずほ銀行 69.0
4 モビット 68.8
5 りそな銀行 68.3
6 三井住友銀行 66.9
7 新生銀行(旧レイクを含む) 66.0
8 アコム 66.0
9 プロミス 63.7
10 アイフル 58.4

三菱東京UFJ銀行カードローンは堂々の1位、モビットもりそな銀行や三井住友銀行を上回る4位という結果に。三井住友銀行が意外にも6位という結果に。三井住友銀行は、みずほ銀行やりそな銀行にもカードローンの顧客満足度は負けています。

■商品性ランキング
カードローンの商品性について、金利(実質年率)、利用限度額、契約期間の満足度を聞いたところ、各項目別に最も満足度が高い金融機関は次のようになりました。
金利(実質年率)では「りそな銀行」利用限度額では「三菱東京UFJ銀行」契約期間においても「三菱東京UFJ銀行」という結果となりました。

■審査/対応ランキング
カードローン/キャッシングの申込後の審査、対応について、審査条件、審査回答期間、接客対応の満足度を聞いたところ、各項目別に最も満足度が高い金融機関は次のようになりました。審査条件においては「オリックス・クレジット」審査回答期間では「モビット」接客対応では「オリックス・クレジット」という結果になりました。

■利便性ランキング
カードローンの利便性について、借りやすさ、返しやすさ、返済方法、返済の相談の満足度を聞いたところ、各項目別に最も満足度が高い金融機関は次のようになりました。
借りやすさ、返しやすさ、返済方法、返済の相談の4つの項目全てにおいて「三菱東京UFJ銀行」という結果になりました。

■金融機関のカードローンで最も有名だったのは?
認知度第1位は「三菱東京UFJ銀行」
カードローンの利用経験者に聞いた、金融機関のカードローンやキャッシングの認知度調査では、銀行分野で「三菱東京UFJ銀行」、消費者金融分野で「アコム、プロミス」が最も高い結果。

■金融機関のカードローンで最も利用率が高かったのは?
利用者数1位は「アコム」
カードローンキャッシング利用経験者のなかで利用したことがある金融機関(複数回答)では、アコムが23.7%で1位。次いでプロミスが21.7%、アイフルが19.1%と回答。

■期待値が一番高い金融機関は?
最も利用したい金融機関は「三菱東京UFJ銀行」 53.2%
今後、どの金融機関でカードローン/キャッシングのサービスを利用したいか聞いてみたところ、「とても利用したい」、「まあまあ利用したい」という割合が多かったのは「三菱東京UFJ銀行」で53.2%という結果。

1000人が選んだ顧客満足度No.1カードローンのアンケート結果において少し驚いたのが、金融機関のカードローンで利用したことのある金融機関で上位を占めたのが消費者金融である点です。総量規制の影響が今回のアンケート結果に反映されるかと思いましたが、やはり身近な消費者金融を利用する方が多いようです。
やはり、銀行カードローンは消費者金融に比べ敷居が高く感じられるのでしょうか?
しかし、顧客満足度は消費者金融より銀行カードローンの方が高いという結果が出ています。
2012年1月時点のアンケート結果なので、2013年のアンケート結果は今人気の銀行カードローンが上位を独占することが予想されます。


今回の1000人アンケートを実施した会社は、SBIグループのイーローンです。
同じグループ会社である住信SBIネット銀行はアンケート対象外になっています。


三菱東京UFJ銀行カードローンの金利は、年4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローンの金利は、年4.0%~14.0%
審査が甘くても、年利2ケタは金利が高いです。
それに比べて、住信SBIネット銀行カードローンは業界最低水準の低金利3.5%~10.0%

▼他社借換OKで人気断トツ!初めての利用なら最大2か月実質無利息!
>>住信SBIネット銀行 カードローンの公式サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。